会社案内・スタッフ紹介・Q&A

  • ホーム  >  
  • 会社案内・スタッフ紹介・Q&A

Company

さいたま市大宮区・中央区エリアで、不動産売却と不動産買取を手がける株式会社穂波エステートの企業情報をご案内します。こちらは、当社スタッフのご紹介、会社案内、不動産売却・不動産買取に関するQ&Aをご紹介していますので、下記のリンクから任意の情報をご確認ください。なお、当社の事業内容、不動産売却や不動産買取に関するご質問はこちらよりお願いいたします。

スタッフ紹介

株式会社 穂波エステート取締役 西澤 大輔
株式会社 穂波エステート
取締役 西澤 大輔

今は“モノ”や“情報”が溢れている時代。
物質的な満足度も重要ですが、当社はお客様の“心の満足度”を最大にする事を使命に
設立された会社です。
いくら高価な(フル装備の)住宅。もしくは(相場的に)価格の安い住宅を購入しても
“心の満足度”が低ければ購入しなかった方が良かった。となります。
売却においても知識のない営業マンの責任で売却時・後にトラブルになってしまった。対応の悪い会社・営業マンの責任で価格を安く売らざるを得ない状況になってしまった。
アメリカ・海外では不動産業に従事する者は医者・弁護士に並ぶ三大士業と言われ地位はもちろん 非常に信頼の厚い職業です。
一方日本では如何でしょう?不動産屋さんといえば、「何か騙されそう」「怖い」など、 残念ながらまだまだ良い印象を持たれる事が少ない業種です。
それもその筈、私が20数年前に不動産業に入ったとき、バブルが崩壊した後とはいえ不動産の営業マンは、営業車で高級国産車に乗り・休日用の車で外国車を所有している様な営業マンが沢山居ました。
それはそれでお客様に貢献し社会の為に役立っていることの成果・報酬であれば良いのですが、 私が見てきた不動産業は必ずしもそうでない事もありました。
大手企業ですら売却の依頼を取得するだけ取得し「囲い込み」「干す」「値こなし」など両手取引の為に騙しのテクニックを使いお客様の利益に反する活動をしていた行為すら目の当たりにしてきました。
お客さんを騙してでも売ってこい。不動産の素人は自分では決められない。買わせてあげることが我々プロの役目。それがお客様の為でもあるとの教育で知識のないお客様を成約に導くのです。
その様な時代を経て今は大分不動産業も変革してきたと思います。以前のような不動産屋さんの営業マンは数も少なくなり(淘汰され)、以前に比べコンプライアンスや法律も整備されて来たのではないでしょうか? 不動産業に従事する営業マンの意識も変わって来ていると思います。
しかし、いつの時代にも知識のない弱者を騙そうとする者はいます。 昨今のニュースの様に不動産業者でさえ騙されてしまうケースがあります。 海外等に比べ不動産業者に従事できる基準。資格試験。インセンティブの問題等もあると思いますが、 私は結局の所“ひと”だと考えています。
同じ業種の中でも真摯に不動産業発展の為に活動しているひとは沢山います。 弊社の企業理念はこの様な想い・背景から生まれました。
大切な資産である不動産を安心・安全に取引する事。
大切に所有してきた不動産の売却。または先代から引き継いだ資産。
モノを大切にする精神を次の世代に。スクラップ&ビルド から ビルド&リノベーション
中古再生(リノベーション)事業もその精神の表れです。
家族と暮らす新しい住まい。それぞれの想いを受け止め心の満足度が最大になる取引をサポート致します。 売却(販売)に於いても購入に於いても皆様方のパートナーとして選んで頂ける様、 専心努力いたす所存でございますので、ご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

  • 野口 篤人
  • 大場 真理子
  • 大場 真理子
  • 大場 真理子

会社案内

商号 株式会社 穂波エステート
所在地 〒338-0001埼玉県さいたま市中央区上落合9-1-6 Mビル2F
フリーダイヤル 0120-073-250
TEL 048-711-7375
FAX 048-711-3915
メールアドレス info@honami-estate.co.jp
代表者 西澤 大輔
設立 2013年1月
営業時間 9:30~18:30
定休日 水曜日/第1・3火曜日
免許番号 埼玉県知事免許(1)第23580号
加盟団体
  • 公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
  • 公益社団法人 埼玉県宅地建物取引業協会
  • 公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会
  • 公益社団法人 東日本不動産流通機構(東日本レインズ)
  • 一般社団法人 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会 認定加盟店
  • 一般社団法人 不動産競売流通協会 正会員
  • さいたま商工会議所
アクセス
  • 国道17号「上落合」交差点から車で1分
  • JR「さいたま新都心」駅より徒歩15分
  • JR「大宮駅」より徒歩10分

Q&A よくあるご質問と答え

不動産売却や不動産買取などに関して、日頃、お客様やご相談者の方からいただくことの多いご質問にお答えしています。なお、こちらに掲載のない事柄でご不明な点、疑問などございましたらこちらからお気軽におたずねください。

査定について
Q.不動産査定とは?
A.当社の専門スタッフが現地まで出向き、土地や建物を調査して、その資産価値を算定することです。お客様のご事情などにより、現地調査が難しい場合はその地域の不動産相場や取引実態などから大まかな査定額を出すことも可能です。
Q.査定は有料ですか?
A.当社では現地査定でも無料です。
Q.査定時までにご用意するものは?
A.

ご相談いただいた際、下記の点を確認させていただきますので、できる範囲でお調べいただければ助かります。

  • 物件所在地
  • 物件の種類(戸建て・マンション・土地など)
  • 別荘か居住用か
  • 物件のご状況(居住中・賃貸中・空き家など)
  • 土地・建物の面積(マンションの場合は専有面積)
  • 築年数
  • いつまでに売却したいか(予定・希望)
Q.査定を依頼したら必ず売却しなければならない?
A.その必要はありません。査定額を参考に不動産売却を検討していただくだけで結構です。
Q.提示された査定額で売却しなければならない?
A.必ずしもその必要はありません。査定額を参考に、最終的にはお客様に「売出価格」を決定していただきます。ただ、査定額はその地域の不動産相場や過去の取引実績から導かれた妥当な金額です。したがって、売出価格が査定額とあまりにかけ離れたものであると、買い手が付きにくく、売却に至らない可能性があります。
Q.売却するかどうか未定でも査定だけ依頼できる?
A.もちろんです。ぜひ、ご相談ください。
不動産売却について
Q.売却時までに用意しておくべき書類は?
A.売却を予定しているご自宅または不動産(土地・建物)の売買契約書や、登記済権利証をはじめ何種類か必要な書類があります。詳細はご相談いただいた際にリストを差し上げますので、早い段階でご用意いただけるようお願いいたします。なお、お客様で入手するのが難しいものがあれば、遠慮なくご相談ください。
Q.売却時にかかる費用は?
A.

主なものは下記の通りです。

  • 仲介手数料(売買契約が成立した場合に当社にお支払いいただきます)
  • 印紙税(契約書に貼る印紙代金)
  • 登記費用(抵当権抹消費用など)
  • 譲渡所得税、住民税(売却して利益が出る場合のみ)
Q.物件が売れない場合、途中で売却を断念した場合でも仲介手数料が発生する?
A.仲介手数料は成功報酬です。売却が成立した場合のみいただきます。
Q.その物件に住みながら、売却を進めることはできる?
A.問題ありません。多くの方がそこに居住しながら売却を進めていらっしゃいます。
Q.売却代金はどの時点で支払われる?
A.一般に売買契約の締結時と物件引き渡し時、2回に分けて支払われます。詳しくはスタッフにお尋ねください。
不動産買取について
Q.不動産買取とは?
A.不動産会社がお客様より直接、ご自宅や不動産を買い取らせていただくサービスです。
Q.不動産売却とはどこが違う?
A.不動産売却では不動産会社が「売りたい人」に代わって「買いたい人」を探し、売買契約を結びますが、不動産買取は不動産会社が直接物件を買い取るので購入希望者を募るための広告宣伝や販売活動が不要です。また、不動産売却のように成功報酬にあたる仲介手数料が発生しません。
Q.不動産売却よりも安く手放すことになる?
A.確かに、不動産買取では不動産売却と比べ手にできる額が2~3割程度低くなります。これは買い取った物件をリフォームしたり、再販する際に営業コストが別途かかったりするためです。
Q.不動産売却にないメリットは?
A.買い主が現れるのを待つ必要がないため、条件さえ折り合えば即決も可能で、しかも早ければ数日~1週間以内に現金を手にすることができます。転勤や離婚など諸般の事情ですぐにでも自宅を売りたい、まとまった現金がほしいといった場合には不動産売却よりも不動産買取をおすすめします。
相続・空き家・不動産活用その他について
Q.親から相続した実家を売却する際、気を付けることは?
A.ご相談者のほかに、ご親族などでほかに相続人もいらっしゃる場合は事前に遺産分割協議を行う必要があります。難しい問題ですので、お悩みでしたら穂波エステートまでお気軽にご相談ください。
Q.実家を空き家のままにしておくと何か不都合なことは?
A.空き家でも適切に管理されていれば、維持することは難しくありません。ただ、将来、ご親族の誰かがそこで移り住む予定がないのなら、思い切って売却してはいかがでしょうか。空き家のままでは、毎年のように高い固定資産税や維持費を捻出しなければならないからです。穂波エステートにご相談いただければ、売却、不動産活用などご事情に合ったご提案をさせていただきます。
Q.老後資金に不安があるが何かよい解決策は?
A.「リースバック」という手法をご提案します。これなら、自宅を売却することでまとまった現金が得られ、しかも売却後も家賃を払うことで同じ家にそのまま住み続けることができます。しかも、生活に変化がないので周囲に売却の事実を知られることもなく、プライバシーの面でも安心です。