高く売りたい方【仲介売却】

  • ホーム  >  
  • 高く売りたい方【仲介売却】

Menu

かけがえのない不動産資産だけに、誰もが「少しでも高く売りたい」と考えるのはごく自然なこと。そんな想いに応えるのが「仲介売却」です。不動産売却のプロが売り主の代わりに購入希望者を探してくれる「仲介売却」は、多少時間をかけてでも希望する額で不動産を売りたいという方にとって頼もしい味方。こちらでは、その仲介売却についてご説明します。なお、さいたま市大宮区・中央区エリアで仲介売却をご検討なら株式会社穂波エステートにご相談ください。

仲介売却とは?

仲介売却とは?

不動産を「売りたい人」と「買いたい人」の間を、不動産会社が取り持って売買を成立させることを「仲介売却」と呼びます。一般に不動産売却と言う場合は、ほぼ例外なく仲介売却のことを指すと考えてよいでしょう。

売りたい人、つまり「売り主」から仲介売却を依頼された不動産会社は、売り主に代わり販売活動や広告宣伝活動を行って、「買い主」を探し、売買交渉から契約締結までをサポートします。そして、仲介売却により売買契約が成立すると売り主は不動産会社へ仲介手数料が支払うことになります。なお、仲介売却では正式依頼から売却まで3ヶ月から1年程度の期間を要しますが、それだけの時間をかけてもできるだけ高く売りたい、希望額で売りたいという方にはこの仲介売却がおすすめです。

仲介売却のメリット

1. 売却を専門家に任せられる
1. 売却を専門家に任せられる ある程度、不動産の知識があれば個人で買い主を探すこともできるでしょう。しかし、多くの方にとって広告宣伝や不動産情報ネットワークなどを活用しての売却活動は簡単ではないはずです。やはり、経験と知識のあるプロに任せたほうが安心。また、宅建士という専門の資格保有者の立ち会いがなければ売買契約の締結もできません。
2. 売り主が売却価格を決められる
仲介売却のように買い主という第三者が現れるのを待つことなく、不動産を売り、現金化する方法があります。それが「不動産買取」。文字通り、不動産会社が買い手となってくれるので購入希望者を募るためのさまざまな活動が不要で、条件さえ折り合えばすぐにでも不動産を売って現金化することができます。ただし、交渉は買い手である不動産会社に有利で、買取金額も仲介売却を利用した場合に比べ2~3割近く安くなります。仲介売却の場合、売出価格は売り主自身が決められるので、納得のいく金額で不動産を売りたいという場合はこちらのほうがおすすめです。 2. 売り主が売却価格を決められる

仲介売却の流れ

仲介売却について、おおまかな流れをご説明します。

STEP1 売却相談
複数の不動産会社にあたり、物件調査と査定を依頼します。
STEP2 価格提示(査定書提出)
複数社が提示してきた査定額を見比べながら依頼する業者を検討します。このとき、金額の高さだけに惑わされないことが大切。それよりも、その査定額が不動産相場などに照らして妥当なものか、その根拠を確認しましょう。業者が提出する査定書には価格の根拠が詳細に書かれているはずです。もし、説明にあいまいな点があれば敬遠したほうが無難です。
STEP3 媒介契約の締結
査定額の根拠、対応の誠実さなどから信頼できる不動産会社を選び、媒介契約を結びます。
STEP4 販売活動
契約内容に基づき、不動産会社が売り主に代わって広告宣伝や販売活動、購入希望者との条件交渉を行います。
STEP5 売買契約
購入希望者と最終的な条件を詰め、売却価格や引き渡し時期などについて双方で異論がなければいよいよ売買契約の締結となります。
STEP6 代金授受・物件引き渡し
売買契約成立からおよそ1ヶ月、条件によって3か月以内に、不動産会社から売り主に対して代金が支払われます。同時に売り主は買い主に物件と鍵を引き渡します。

媒介契約の種類

媒介契約の種類

仲介売却を利用する際には、不動産会社との間で「媒介契約」と呼ばれる契約を交わします。
これは、後々、売り主と不動産会社との間でトラブルが生じないよう、さまざまな条件を取り決めておくもので、不動産取引の場では非常に重要な意味を持っています。

なお、この媒介契約には3種類あり、売り主はそのいずれかを選ばなければなりません。具体的には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」と呼ばれるもので、基本的な条件はほぼ同じですが、売り主が同時に依頼できる業者の数や、依頼を受けた不動産会社が果たすべき義務などに違いがあります。

どれを選択するかは難しいところですが、過去に不動産売却を経験したことがないという方は、専属契約の意味合いが強い「専属専任媒介契約」を選ぶとよいでしょう。専属契約なので「一般媒介契約」のように、複数の不動産会社に対して同時に売却を依頼することはできず、自分で購入希望者を見つけてきても単独で契約することができないなど制限はいくつかありますが、それだけに依頼された不動産会社は売り主のために最大の努力を払ってくれるからです。

一方、「一般媒介契約」は、一度に何社とでも契約ができ、自分で見つけてきた購入希望者と独自に契約を交わしてもOKと、自由度が高い契約形態ですが、不動産会社にしてみれば多数ある業者の中の1社ということで、売り主のためにそこまで専心してはくれません。

なお、仲介売却や媒介契約について詳細は穂波エステートまでお気軽におたずねください。また、さいたま市大宮区・中央区エリアで不動産物件を高く売りたい方はぜひ、当社にご相談ください。

さいたま市大宮区・中央区エリアで不動産売却をご検討なら
穂波エステートにお任せください
フリーダイヤルでのお問い合わせは 0120-073-250 営業時間9:30~18:30