ローン返済でお悩みの方【任意売却】

  • ホーム  >  
  • ローン返済でお悩みの方【任意売却】

Private

何らかの事情で収入が途絶え、住宅ローンの返済が厳しくなる──今日、こうした生活の変化は決して珍しいことではありません。ただ、この状態を放置するとやがて大切な自宅が「競売」にかけられるリスクが高まります。こんなとき窮地から救ってくれるのが「任意売却」であり、「リースバック」。こちらでは、さいたま市大宮区・中央区エリアで不動産売却などを手がける株式会社穂波エステートが、任意売却とリースバックについてご説明します。

任意売却とは

競売のリスクを回避する数少ない手段の一つ

競売のリスクを回避する数少ない手段の一つ

競売のリスクを回避する数少ない手段の一つ

住宅ローンの返済で行き詰まり、滞納が続くと、やがて競売のリスクが高まります。つらいのは競売となると大切な自宅も二束三文で手放さなければならなくなること。しかも、その他の財産もすべて差し押さえられて、生活再建すらままならないのに、住宅ローンは消えずに残っているので、これまで通り毎月の返済を続けなければなりません。そうなると、残された道は自己破産しかなくなります。
残債が少なければ、金融機関に相談し返済計画の見直しを要請し月々の負担を減らすという方法もありますが、住宅購入直後などであと10年、20年と返済が残っているような場合ではこの手が使えません。もちろん、残債があるうちは抵当権のある金融機関が自宅売却を許さないので、売って得た資金を返済に充てるといったこともできません。

しかし、こんな場合でも、「任意売却」という手段を講じれば、窮地を脱することができます。任意売却とは、不動産業者が金融機関にかけあって、債務者と債権者に納得のいく形で不動産を売却する方法です。競売とは異なり、一般の不動産相場と同条件で売却できるので全額とはいかないまでも返済にある程度の目途を付けることができ、生活再建にも希望が持てるようになります。

任意売却が可能な期間

滞納5ヶ月を過ぎたらタイムリミットは目前。すぐにでも任意売却を

滞納5ヶ月を過ぎたらタイムリミットは目前。すぐにでも任意売却を

滞納5ヶ月を過ぎたらタイムリミットは目前。すぐにでも任意売却を

窮地から守ってくれる任意売却ですが、対策を講じるならできるだけ早く動かなければなりません。なぜなら、タイムリミットを過ぎれば競売を避けることができなくなるからです。

そのタイムリミットは住宅ローンの滞納が5ヶ月以上続いた時点。それまで、金融機関から返済を促す通知(督促状・催告状)などが送られてきますが、4ヶ月目に入るといよいよ競売の開催を予告する書面が届きます。さらに、その翌月には裁判所の執行官が債務者の財産状況を調査するために自宅に乗り込んできます。強制執行なのでこれを拒むことはできません。

この時点がほぼ競売を回避する最後のチャンスです。実際に競売が始まってしまえばもう打つ手はありません。その前に、任意売却を講じなければ手遅れとなるので要注意です。

競売と任意売却の比較

上で述べたラストチャンスまでに任意売却に着手できれば、競売は回避できます。しかし、間に合わなければ待っているのは最悪の結果。では、任意売却した場合、競売に至った場合で状況はどこまで違うのでしょうか。

※表は左右にスクロールして確認することができます

  競売 任意売却
売却価格 落札価格は二束三文といった程度で、売却して得た現金で住宅ローンに充てても焼け石に水。しかも、手にした現金は全額を返済に回さなければならず、生活再建どころではありません。 通常の不動産と同じ相場で売却できるので、全額返済はムリでもある程度債務を圧縮できるだけの現金は得られます。また、資金の一部を生活再建に充てることも可能です。
返済方法 金融機関との交渉ができず、債務者はその後もこれまで通り月々の返済を続けていかなければなりません。 売却金を充ててなお残債がある場合でも、交渉次第ではムリのない範囲で分割払いが認められます。
プライバシー 競売情報は官報や裁判所の掲示板、ホームページなどで公表されるため、第三者がその事実を知る恐れがあります。 任意売却は秘密厳守で進められるため、第三者に売却の事実が知られることはありません。
引っ越し費用 売却して得た現金は全額返済に充てなければならず、引っ越し費用を捻出する余地はありません。 債権者である金融機関の許可があれば、売却金の一部を、引っ越し費用などに充てることができます。
生活再建 競売では、不動産だけでなく他の財産すべてを失います。生活再建は困難を極めるでしょう。 金融機関と交渉することで、生活再建に必要な資金を用立てることができます。

リースバックについて

任意売却に代わる有効な解決策

任意売却に代わる有効な解決策

任意売却に代わる有効な解決策

住宅ローンの返済が苦しいからと自宅を売却しようとしても、残債が多いとそれもできません。そうなると、従来なら任意売却を選ぶか競売を選ぶかの二択でした。しかし、「リースバック」という手段を講じると、自宅を売却してまとまった現金が得ることができ、これを返済に充てることが可能になります。しかも、家賃を払い続ければ売却後もこれまで通りそこに住み続けることができるので、近隣に売却の事実を知られることもありません。

穂波エステートでは、お客様のご自宅などを買い取らせていただき、賃貸物件としてお貸しするこのリースバックサービスを取り扱っています。さいたま市大宮区・中央区エリアで住宅ローンにお困りならぜひ一度、穂波エステートにご相談ください。

さいたま市大宮区・中央区エリアで不動産売却をご検討なら
穂波エステートにお任せください
フリーダイヤルでのお問い合わせは 0120-073-250 営業時間9:30~18:30